保湿保温で黒ずみ解消

若い時はみずみずしかったお肌に、年齢を重ねるに連れて、ぽつぽつとした黒ずみやシミが目立つようになってきました。私が、黒ずみやシミに対して行っている体験談を、お伝えします。

私は、若い頃、紫外線対策をほとんど行わずに生活してきました。しかし、黒ずみやシミが出始めたため、夏だけではなく、冬であっても、日焼け止めクリームを塗り、日傘を手放しません。お肌を守る第一歩は、徹底した紫外線対策です。これによって、黒ずみやシミの広がりはかなり抑えられています。

また、黒ずみやシミが目立ちにくいワントーン低いファンデーションを利用しています。さらに、茶色に染めていた髪を黒に戻しました。髪の毛の色を黒くしたり、暗い色にすることによって、黒ずみやシミが分かりにくくなります。

入浴時に顔のマッサージを入念に行うようになり、就寝前のスキンケアとして、電子レンジであたためたタオルを顔にのせて、血行をよくするように心がけています。シミなどに効果的な美容液と美容クリームも使っており、継続していくことによって、改善を試みています。

黒ずみやシミは、肌のサイクルが関わっています。これらの努力が効果を発揮するよう、高たんぱく低脂肪の食事を心がけており、夜は11時までに就寝するよう心掛けています。若い頃は、徹夜で仕事をしたり、夜の街で遊んだりしていましたが、現在は、睡眠を最重要に考えており、肌にとってやさしい生活を送っています。

年齢に負けない黒ずみ対策とは?

年齢を重ねるにつれて、お肌の黒ずみがひどくなってきました。
周囲に言われるようになったので、対策を始めました。
ビキニラインなどの色素の沈着は、こすれることが原因と知ったので、その点に関しては、下着をかえました。
今までこすれるところが多い状態でしたが、そのようなものをやめたら、あまりひどくならないようになった気がします。
また、くるぶし周辺に関しては、靴下をかえました。よく考えると、衣類とのこすれが原因になっていることが多いので、それを徹底してなくすことに決めました。

最近は市販のデリケートゾーンの黒ずみ解消クリームも充実しています。
スマホで簡単に注文できるし、おススメです!!
コチラのサイトで確認してみて下さいね。
陰部の黒ずみ解消クリーム!デリケートゾーンの美白ケアのコツ

シミに関しては、外出時に日焼け止めクリームを使うようにしました。
外出中でも塗りなおしができるものを見付けて、携帯できるようにしています。
今までもそのようにしていたつもりでしたが、ついついおろそかになってしまっていたので、気を付けるようにしました。
さらに、自宅の窓を紫外線カットのものにしたり、帽子の着用なども意識してます。
目からの影響も鑑みて、最近ではサングラスを着用するようにしています。
また、普段の生活の中でも、庭でのブランチをやめて、屋内で食べるようにしてます。
いろいろな対策をするようになったら、シミも黒ずみもひどくならずに済んでいます。
今までは意識が低すぎたのかもしれませんが、今は満足できるように、いろいろなことを実践できるようになっていて、自分でも満足できるように行動しています。
家族の応援もあるので、今後も続けていきたいものです。

わたしの目の周りの黒ずみ解消法

私は目の周りの黒ずみやシミが気になっていました。
女性のお肌は白くて透き通っているのが美しいので、目の周りが黒ずんでるのは老けて見られる原因でした。
最初に行った対策は目のマッサージです。
シミは年齢や紫外線によるものでも、黒ずみはクマができているためと考えたためです。
しかしこれはあまり効果がありませんでした。
マッサージで改善しなかったため、乾燥や摩擦によるダメージだと分かりました。
それからはマッサージや目を擦るなどの行為を止めました。
目の周りを触るのが癖になっていたため、それを直すのに苦労しました。
乾燥を防ぐともにシミもできるだけ消したかったため、高級なアイクリームを購入しました。
そのアイクリームには潤いをもたらすコラーゲンや美白効果のあるアルブチンなどが配合されていました。
アイクリーム自体使うのが初めてでしたが、お肌を傷つけないように優しく塗ることを意識しました。
アイクリームは夜だけ塗っていましたが、翌朝になっても目の周りがしっとりしているので保湿はきちんとされている実感がありました。
シミに関しては半年くらい続けてからようやく薄くなったような気がします。
病院で処方してもらった薬ではないので、効果が出るのを気長に待とうと思います。
今までは睡眠不足でクマができていると思っていましたが、実際はクマ解消のためのマッサージで黒ずんでいただけでした。
もう少し早く気づけたらもっと綺麗な肌を維持できたと思います。

やはり紫外線は黒ずみの元ですね。

この数年、自分の顔を鏡で見て、ため息をつくようになりました。
お肌のシミです。
それ相応に年齢を重ねていくと不思議なことに顔だけでなく、体にもシミや黒ずみを見つけるようにないました。
顔の黒ずみももちろん嫌なのですが、体ついている黒ずみは有無を言わさず目に飛び込んでくるので、そのたびに強制的に年齢を意識せざるをえないのでとても不快に思います。
お肌に紫外線を触れさせないように、日焼け止め、帽子、UV対策仕様の長袖、ズボンなど着用して外出するようにしているのは序の口です。それこそ高校生のころから行っている予防です。
それにも関わらず、うっかり短時間だけだからと油断して日焼けしてしまうだけで、それまでの苦労も水の泡となってしまっているのが、子育て世代以降の悩みなのです。

顔に表れたシミ対策でまず行っているのが、メラニン色素の生成を抑制するという小さなクリームを購入し、洗顔後に丁寧に塗り込むことです。
毎日、朝晩行っているので、本当にシミが薄く小さくなっているのか、よくわからないというところがあります。
小さくなっているような気もするし、薄くなっているような気もするし、でも客観的に数値に残しているわけでもないので、思い込み化もしれません。
例えば友人に「あら、シミが薄くなっているじゃない」など指摘してもらえれば、信じられるのですが。
体の目につく黒ずみは気休めかもしれませんが、入浴時に丁寧に洗うようにしています。
刺激を与えるのは逆効果になるかもしれないので、あくまでも力を入れずお肌を傷つけないように意識しています。

お肌の黒ずみやシミ対策についての体験談

お肌が黒ずみが気になるようになったのは33歳くらいからです。
今までは紫外線を浴びても、すぐに元の肌状態に回復していましたが、日焼けが簡単に治らなくなったのです。
何日も赤い状態が続きますし、その後は黒くなってしまいます。
メラニン色素が沈着しやすくなり、小さいシミも目立つようになってきました。
このままではいけないと思って本格的なケアを始めたのは34歳のころです。

具体的な対策としては毛穴ケアを徹底して、化粧水は無添加タイプに切り替えました。
まだ肌状態が極端に悪化していたわけではないので、この対策だけでかなり白くなりました。
正確に言えば紫外線を浴びることがあっても、赤みが残りにくくなったのです。
すぐに赤みが引いていくので、黒ずみになることもありませんでした。
お肌を守るためにはバリア機能の強化が大切だと言われますが、そのためには保湿が一番大切だと実感したのです。

それ以外の対策では、週に2回のオイルクレンジングで毛穴をキレイにすることを徹底しました。
色々なオイルクレンジングを試してみましたが、価格が高いものはオイルの品質がよく肌に優しいのがわかりました。
毛穴に詰まっている皮脂・角栓をしっかりと除去できたので、洗顔後は肌がベタつきません。
それでいて肌は適度に潤ってくれますから、黒ずみ・シミ対策としても効果的だったようです。お肌の悩みが気になったら、保湿と毛穴ケアが大切だと実感しました。
今は肌がプルプルになり、弾力性のある状態をキープできています。